分類方法

オフィスから出る古紙は、一般家庭のように原則、集団資源回収や自治体回収には出すことができません。
分類の際には雑誌、雑紙、新聞紙、シュレッダー古紙などに分けられます。
一般古紙は新聞紙や雑誌、ダンボールなどです。
同じ大きさに揃えて十文字に縛っておくとスムーズに回収することができます。

雑誌は付属品を外して冊子だけにして紐で縛ります。雑紙はメモ用紙や名刺、封筒などです。
十文字に縛っておくか、ダンボール箱や袋に詰めておきます。
シュレッダーをかけた裁断紙は、中身が見えるように透明な袋にいれます。
紙以外のものが入らないように注意しましょう。

 

禁忌品とは

古紙回収の際に、混ぜてはいけない異物品があります。 用紙を止めている金属のクリップ、紙コップなど耐水性処理がされている紙、大量のバックカーボン紙、写真、フィルム、シールなどが挙げられます。 これらの禁忌品が古紙についたままでは資源にならないだけでなく、古紙からつくられた紙製品に不具合が発生してしまうことがあります。 他の古紙と混ざらないように注意しましょう。

 

機密書類の場合

個人情報や企業秘密の記載されている機密書類は、一般の書類とは別にします。 ダンボール箱に詰めてガムテープでしっかりと密封してください。シュレッダーにかけた場合でも、機密書類として扱えばより安心です。 機密書類はファイルやバインダー、ホッチキスなどは極力取り除いてください。 永井産業株式会社の機密書類処理システムは、完全密閉の専用車を使い運搬し、万全のセキュリティを備えた機密書類処理施設にて処理するため、 書類が人の目に触れることがないので情報漏洩の心配がありません。

 

ナガイホールディングス株式会社では名古屋を中心に
古紙の回収を行っております。

地球の環境保全に貢献し、環境破壊を抑制する活動に努めております。
現代の企業は利益を求めるだけでなく環境に配慮した活動も注目されています。
名古屋でオフィスの古紙回収や廃棄物の処理は永井産業株式会社にお任せください。

 

BACK

RANKING

人気の記事

VIEW ALL

2024.01.05

段ボールの処分はどうすればいいの?簡単解説   

2024.01.12

雑誌・雑がみの処分方法は?簡単解説

2023.04.07

蛍光灯の廃棄について

2024.01.19

新聞の処分はどうすればいいの?簡単解説