2024.07.05

【ごみゼロ社会への挑戦】 脱プラスチック社会の実現に向けて私たちができること

近年、プラスチックゴミによる環境汚染が深刻化し、世界各国で脱プラスチック社会に向けた取り組みが加速しています。レジ袋の有料化やプラスチック製ストローの廃止など、目に見える変化も増えています。しかし、プラスチックは軽量で丈夫、安価と、利便性の高い素材であるため、完全な代替は容易ではありません。
このコラムでは、脱プラスチック社会の実現可能性と、克服すべき課題について考察します。

 

 

脱プラスチックの必要性

プラスチックは、1950年代から急速に普及し、現代社会にとってなくてはならない素材となりました。しかし、プラスチックは分解されにくいため、環境中に長期間留まり、海洋汚染やマイクロプラスチック問題などの深刻な環境問題を引き起こしています。
特に海洋プラスチックゴミは、海鳥や海洋生物が誤って飲み込み、命を落とすケースが後を絶ちません。マイクロプラスチックは、食物連鎖を通じて人体にも取り込まれる可能性があり、長期的な健康被害が懸念されています。

 

 

脱プラスチックに向けた取り組み

世界各国では、脱プラスチック社会の実現に向けた様々な取り組みが進められています。
• レジ袋の有料化・廃止: 多くの国でレジ袋の有料化や廃止が導入されています。日本でも、2020年7月からレジ袋の有料化が義務化されました。
• プラスチック製ストローの廃止: レストランやカフェなどでは、プラスチック製ストローの廃止や紙製ストローへの切り替えが進んでいます。
• プラスチック使用量の削減: 企業では、プラスチック製品の使用量削減や、リサイクルしやすい素材への代替を進めています。
• バイオプラスチックの開発: 石油由来のプラスチックではなく、植物由来のバイオプラスチックの開発が進められています。

 

 

私たちができること

脱プラスチック社会の実現には、行政や企業だけでなく、私たち一人ひとりの意識改革と行動が重要です。
• プラスチック製品の使用を控える: マイバッグやマイボトルを持ち歩き、プラスチック製品の使用を控えるようにしましょう。
• リサイクル可能な製品を選ぶ: リサイクル可能な素材で作られた製品を選ぶようにしましょう。
• 情報発信: 脱プラスチックに関する情報を積極的に収集し、周りの人に伝えていきましょう。

 

まとめ

脱プラスチック社会の実現は、簡単ではありません。しかし、私たち一人ひとりが意識を変え、行動することで、必ず実現できるものです。未来の地球のために、今できることから始めていきましょう。

BACK

RANKING

人気の記事

VIEW ALL

2024.01.05

段ボールの処分はどうすればいいの?簡単解説   

2024.01.12

雑誌・雑がみの処分方法は?簡単解説

2023.04.07

蛍光灯の廃棄について

2024.01.19

新聞の処分はどうすればいいの?簡単解説